第48回染芸展を終えて

第48回染芸展を終えて


天候不順にもかかわらず、
第四十八回染芸展に足をお運びいただき誠にありがとうございました。
当日は千人を超える御来場をいただき心より感謝いたします。
当回より関東経済産業局長賞をいただける事となり、
一同コンクールに向けて気合いの入った物作りをしてまいりました。


時代は、フォーマルからカジュアルへの動きが感じられ、
手描き友禅の技を持って時代の先取りをしていくことが急務と考えております。
今後の課題といたしまして、さらに多くの方々にご覧頂き、
東京における手描き友禅をよりメジャーにするべく尽力して参る所存でございます。


関係各位のみなさまには多大なるご支援を頂き感謝申し上げます。
また、草月流の協力を得て会場を華やかに盛り上げていただき誠にありがとうございました。



平成二二年三月吉日
東京都工芸染色協同組合
理事長 高橋孝之

「染芸展」終了しました

第48回「染芸展」は終了しました。

2010年3月5日(金)〜7日(日)の会期期間中、
多くの方にご高覧頂きましてありがとうございます。
今回の染芸展も大盛況のうちに終わり、
これから次回の開催に向けて準備を始めさせて頂きます。
今後ともより一層のご支援・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。


第48回「染芸展」開催のお知らせ

第48回「染芸展」開催のお知らせ




第48回染芸展(コンクール・展示会)
■会期
平成22年3月5日(金)13:00〜16:30
     3月6日(土)10:00〜16:00
     3月7日(日)10:00〜16:00

■会場
東京都立産業貿易センター浜松町本館3階
http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/

■入場
入場無料

■主催:東京都工芸染色協同組合
■共催:(財)東京都中小企業振興公社
■後援:経済産業省関東経済産業局・東京都・新宿区・練馬区・東京商工会議所・伝統的工芸品産業振興協会
■協力:草月流生け花 田所萩和とそのグループ

■第48回染芸展によせて
江戸の粋とぬくもりを磨きぬかれた伝統の技で描かれた東京手描友禅・東京という都市で長い伝統に培われたセンスで染めあげました。逸品作の数々をご高覧頂きたくご案内申し上げます。

東京都工芸染色協同組合

■審査員(敬称略・順不同)
田島比呂子 重要無形文化財保持者
小山弓弦葉 東京国立博物館・学芸企画部主任研究員
清水とき  清水学園専門学校校長
中谷比佐子 きもの文化研究家
丸山伸彦  武蔵大学人文学部教授
富岡啓子  家庭画報特選きものサロン編集長
東京都及び関係諸機関代表
デパート及び商社呉服部長 他

■出品種目
・振袖・留袖・訪問着・附下・着尺・染帯・他
・新企画作品も発表します
・青年部研究作品
・友禅体験教室
 3月6日(土)午前11時〜午後3時(受付終了)
 3月7日(日)午前11時〜午後3時(受付終了)

■お問い合せ
東京都工芸染色協同組合
〒161-0032
東京都新宿区中落合3-21-6
電話:03-3953-8843

■会場案内マップ

大きな地図で見る